FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2006-11-13-Mon  CATEGORY: 政治・経済
14日に発表される7‐9月期のGDP(国内総生産)速報がいちばんの焦点。25の民間研究機関が予測している実質成長率の年率換算平均は1.0%で、前期4‐6月期と同じ。

したがって発表される数字がもし1.0%を下回ると、予想より悪いということになる。しかも前期に比べても低下するわけで、心理的には悪影響が出るだろう。

このところ機械受注や景気動向指数、あるいは鉱工業生産指数など、景気の先行きに不安を感じさせるような統計が続いている。そんなところに追い討ちの形になりかねない。

このほかでは、17日に発表されるアメリカの10月の住宅着工件数も注目点。回復傾向ならアメリカの景気先行きには、明るい兆しが出ることにもなるのだが・・・

   ≪13日の日経平均 = 下げ≫

   ≪14日の日経平均は? 予想=上げ

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.