FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2019-03-04-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 材料なくても上がる株価 = 大きな出来事と言ったら、米朝首脳会談が物別れに終わったぐらいなもの。国際政治的には大問題だったが、もともと経済的な影響力は小さい。だから株価は動かなかった。そして株価を押し上げるような材料は、ほとんど見当たらない。むしろアメリカの10-12月期の成長率が2.6%に鈍化したり、イギリスの“合意なき”EU離脱が迫ってきたり。悪い方のニュースが目立つ。にもかかわらず、株価は堅調だ。

ダウ平均は先週5ドルの値下がり。9週間の連騰はこれで途切れたが、2万6000ドルの大台は維持している。一方、日経平均は先週177円の値上がり。3週連続の上昇で、2万1600円まで戻している。日米ともに企業の業績は、大幅な増益から減益に急降下。このためPER(株価収益率)が急速に上がってしまった。つまり日本株の割安感も、薄れつつあるわけだ。

日本株にとって援軍となっているのは、じりじりと下がる円相場だ。先週末の対ドル相場は112円近く、2か月ぶりの円安水準となった。世界経済に対する警戒感が薄れ、円を買う力が弱まったためと解説されているが、どうもピンとこない。市場では3月もこうした状況が続くという見方が強いようだが、はたしてどうだろうか。

今週は7日に、1月の景気動向指数。8日に、10-12月期のGDP改定値、1月の家計調査、2月の景気ウオッチャー調査。アメリカでは5日に、2月のISM非製造業景況指数、12月の新築住宅販売。6日に、2月の貿易統計。8日に、2月の雇用統計、1月の住宅着工戸数。また中国が8日に、2月の貿易統計。9日に、2月の消費者物価と生産者物価を発表する。

       ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.