FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
“ねじ切れ議会”に変貌 : アメリカ
2019-03-20-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 秋には国債の利払いも不可能に? = アメリカでは昨年秋の中間選挙で、野党の民主党が下院の過半数を獲得した。この結果、上院は与党の共和党が多数を制しているものの、下院は民主党が主導権を握る。この状態を人呼んで“ねじれ議会”と言う。トランプ大統領としては、きわめて勝手の悪い政治体制になったわけだ。と思っていたら、こんどは上院の与党議員までが造反。“ねじれ”どころではなく、言うなれば“ねじ切れ議会”が出現してしまった。

コトの発端は、あのメキシコ国境のカベ建設。トランプ大統領が要求したカベ建設予算を、下院が認めなかった。するとトランプ大統領は非常事態宣言を発動、大統領の権限で予算を流用しようとした。これには下院が反発、非常事態宣言を無効にする決議案を可決。先週14日には上院でも採決が行われた。上院は言うまでもなく、共和党が過半数を握っている。

ところが驚いたことに、上院もこの決議案を可決した。共和党議員のうち12名が、トランプ大統領に対して公然と造反したからである。大統領は直ちに拒否権を使って、この決議を無効にした。トランプ大統領の非常事態宣言については、カリフォルニアなど16州が憲法違反だと裁判所に訴えており、問題は司法の手に委ねられる。

しかし、この造反によって、大統領と上下両院との関係は決裂状態に陥ったとみられている。このため3月2日に期限がきた政府債務の上限についても、議会が引き上げに動く可能性はなくなった。財務省が4000億ドル程度の資金を掻き集めているので、秋ごろまでは何とかなりそうだ。だが秋になっても上限の引き上げが実現しないと、トランプ政権は国債の発行も利払いも出来なくなってしまう。それまでに“ねじ切り議会”の解消に成功するかどうか。

       ≪19日の日経平均 = 下げ -17.65円≫

       ≪20日の日経平均は? 予想 = 下げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.