FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
金・銀・銅メダルの素材 集まる (上)
2019-03-22-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 小型家電のリサイクル順調 = 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、小型家電の収集を3月末で終了することになった。大会で授与する金・銀・銅メダルの素材を廃棄された小型家電から抽出することを決め、17年春から収集キャンペーンを展開してきたが、目標の達成が確実になったためだ。最近にない嬉しいニュースだが、同時に“都市鉱山”の重要性を改めて考えさせるきっかけともなっている。

東京オリンピックで授与されるメダルは、総数で約5000個。その製造に必要な金属は、金が30.3㌔㌘、銀が4100㌔㌘、銅が2700㌔㌘。銀の必要量が圧倒的に多いのは、比重の問題もあるが、金メダルの本体も銀で作るため。つまり金メダルは、銀メダルに金のメッキを施したものである。金はメッキに使われるだけなので、必要量が少ない。

都市鉱山というのは、廃棄される家電に含まれる金属の量が非常に多く、まるで鉱山のようだというので名付けられた。日本は家電の普及率が高く、廃棄される数量も多いため世界一の都市鉱山だと言われている。もちろん、一個一個に含まれる金属の量はきわめて少ない。たとえば携帯電話では1個当たり金が0.057㌘、銀が0.26グラム。ノート・パソコンでは金が0.3㌘、銀が0.84㌘といったところ。

しかし廃棄家電の数が多ければ、抽出できる金属の量もバカにならない。今回の収集キャンペーンでは、総計4万8000トンの家電が集められた。金、銀、銅だけでなく、鉄やプラチナ、さらにニッケルやパラジウムなどの希少金属も回収されている。これらの貴重な資源は、もし回収されなければ地中に埋められていただろう。

                             (続きは明日)

       ≪20日の日経平均 = 上げ +42.07円≫

       ≪22日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.