FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
非製造業が支える景気 : 日銀短観
2019-07-02-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大企業・製造業の判断は2年9か月ぶりの低さ = 日銀は1日、6月の企業短期経済観測調査を発表した。それによると、大企業・製造業の業況判断指数はプラス7。前回3月調査より5ポイント悪化した。2期連続の悪化で、16年9月以来の低い水準に落ちている。生産用機械や金属製品、自動車の悪化がいちじるしい。16業種中9業種が悪化しており、中国経済の不調が製造業の業況低下に結びついた。

一方、大企業・非製造業の業況判断指数は、前回より2ポイント改善してプラス23となった。大型連休や外国人旅行者の増加が、サービス業を中心に需要を増やしたためとみられる。中小企業の動向をみても、製造業の判断指数はマイナス1で前回より7ポイント悪化したが、非製造業はプラス10で2ポイントの悪化にとどまっている。

このように全体の景気は、製造業の悪化を非製造業が下支えする形で推移した。たとえば18年度の純利益は、製造業が前年度比0.8%の減少。非製造業は0.5%の増加で、全産業では0.1%の減益にとどまった。なお土地を除く設備投資額は、18年度に製造業が5.8%増、非製造業が4.4%増。全産業では5.1%の増加だった。

ただ製造業の悪化を非製造業が支える形は、そう長くは続かない。製造業の不振が長引けば、それが非製造業にも影響を及ぼすからである。こうした視点から3か月後の先行き予想をみると、大企業・製造業はプラス7で横ばい。非製造業はプラス17で、6ポイントの低下となっている。製造業がもっと改善しないと、非製造業の業況も悪化する心配は否定できない。

       ≪1日の日経平均 = 上げ +454.05円≫

       ≪2日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.