fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
新型肺炎の 衝撃度は? (下)
2020-01-29-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 習主席の訪日やオリンピックにも = 今回の新型肺炎に関して、よく引き合いに出されるのがSARS(重症急性呼吸器症候群)という伝染病だ。これも中国本土で発生し、香港など世界中に拡散した。WHO(世界保健機関)の記録によると、世界で8000人以上が感染、774人が死亡している。02年11月に発生が確認され、終息したのは03年7月だった。

このときSARSの封じ込めに指揮を執ったのが、香港大学の管軼教授。この専門家が今回の新型肺炎について「規模は確実にSARSの10倍を超えるだろう」と警告している。感染しても、発熱などの症状が全く出ない人が発見されているからだ。SARSの場合、流行した期間は9か月だった。仮に9か月、あるいはそれ以上の流行期間になったら。

世界各国で感染者が増えれば、中国のように人々の移動を規制する措置をとる国が増えるだろう。それだけ経済活動が制限されるわけで、各国の成長率が低下しかねない。旅行や娯楽、交通や小売りなど、世界的に不況色が強まるかもしれない。つまりSARSと同様、長期化すればするほど、経済的な被害も拡大する。

もし完全な終息までにSARSと同じく9か月かかるとすれば、安全宣言は10月ということになる。習近平主席は4月に国賓として来日する予定だが、これは延期される公算が大きくなった。さらに東京オリンピックも、その期間内に入ってしまう。8月までに疫病の勢いが衰えなければ、どうするのだろう。もちろん、心配のし過ぎは禁物だ。しかし必要以上の用心は求められている。

       ≪28日の日経平均 = 下げ -127.80円≫

       ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ
            

  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




  
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.