FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 原油のABC (8)
2008-01-19-Sat  CATEGORY: 政治・経済
8) 日本の輸入量 = 日本は石油の大消費国だ。国内自給率は、わずかに0.3%しかない。06年の原油輸入量は2億4673万キロリットル。金額にすると11兆5350億円にのぼった。この輸入量は前年より0.8%減少しているが、金額の方は価格の高騰を反映して30.7%も増えている。ほかに石油製品の輸入も多く、原油と石油製品を合計した輸入代金は輸入総額の21.3%を占めた。

世界で原油の輸入量が最も多いのはアメリカ。05年の統計では5億3548万トン。国内でも原油を産出するのに、第2位だった日本の2倍以上を輸入している。第3位は中国、あとは韓国、ドイツ、イタリア、フランスと続く。日本の輸入先は、第1位がサウジアラビアで輸入量全体の29.0%に達している。次いでアラブ首長国連邦、イランの順。中東地域が全体の90.2%、OPEC(石油輸出国機構)加盟国からは81.3%を輸入している。

日本の原油輸入量は、1955年度(昭和30年度)には、わずか927万キロリットルだった。経済成長に比例して輸入量はどんどん増え、石油ショックが起きた73年度の2億8850万キロリットルがピーク。その後は80年代半ばまで輸入量は急減して、一時は2億キロリットルを割り込んだ。最近の10年間はだいたい2億5000キロリットル前後で、かなり安定的に推移している。

ところが輸入金額の方は、80年代の前半が最大。これは円の対ドル相場が1ドル=200円-250円と安く、円で表示すると金額が膨れたため。その後は輸入量の減少と円高が重なって、輸入総額はずっと縮小していた。しかし、ここ数年では価格が高騰したことから、輸入金額は急激に増加している。

                              (続きは来週サタデー)

    ≪18日の日経平均 = 上げ +77.84円≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.