fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
史上最大の 減産協定 : 主要産油国 (下)
2020-04-17-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 喜んではいられない日本 = サウジアラビアやロシアなどの主要産油国は、将来にわたっての減産計画でも合意した。当面5-6月は日量970万バレルを減産したあと、7-12月は770万バレル。さらに21年1月―22年4月は580万バレルと減産量を縮小して行く。これはコロナ肺炎の終息につれて世界経済が復旧し、石油の需要も回復する姿を想定したものとみられる。

しかし史上最大の減産計画を発表しても、原油の国際価格は20ドル台にとどまっている。コロナ肺炎が発生する前に比べれば、ほとんど3分の1の低価格だ。それだけコロナ不況の影響が深刻なことを示している。サウジとロシアが和解したのは、トランプ大統領の仲裁もあったが、この低価格に耐えられなかったからに違いない。

日本は大量の原油を輸入しているから、原油価格は安い方がいい。現に最近の原油安で、ガソリン価格は下がり続けている。電気料金も間もなく下がるだろう。だからと言って「めでたし、めでたし」と喜んでいると、とんでもないことになりかねない。コロナ肺炎が終息し世界経済が回復に向かえば、価格は60ドル、あるいは100ドルにも上昇する可能性があるからだ。

いまの日本は、原発の稼働も遅々として進まない。再生可能エネルギーの普及も進まない。政府はエネルギーの長期計画も立てられずにいる。世界で最も原油に対する依存度が高いままだ。こんな調子だと、コロナ災害を乗り切ったら、次はエネルギー危機に見舞われるかもしれない。政府に先を読む力が求められている。

       ≪16日の日経平均 = 下げ -259.89円≫

       ≪17日の日経平均は? = 上げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.