FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-01-28-Mon  CATEGORY: 政治・経済
今週の予定は、まことに盛り沢山だ。まず国内の経済指標は、28日に12月の企業向けサービス価格、29日に12月の労働力調査と商業販売、家計調査。続いて30日には12月の鉱工業生産、31日に12月の住宅着工と建設工事受注。さらに1日には1月の新車販売台数が発表になる。いずれも重要な統計であり、一つ一つが景気の鈍化と物価上昇の進み具合を判断する材料になるだろう。

アメリカでも、多くの統計が発表になる。28日には12月の新築住宅販売、29日は12月の耐久財受注、1月の消費者信頼感指数。30日には10-12月期のGDP(国内総生産)、31日は12月の個人消費、1日には1月の雇用統計、自動車販売台数など。こちらの方も、アメリカ経済の景気後退入りを決定づける内容になるのか。きわめてインパクトの大きい発表になる。

決算発表も目白押し。28日のHOYA、ファナック、新日鉄を皮切りに、週末まで大企業や注目企業の発表が続く。アメリカでも同様に、決算発表のラッシュ。日本の企業については、目立った下方修正が続出する状態ではない。むしろ今後の見通しに、関心が集まるだろう。一方、アメリカの場合はすでに業績が落ち込み始めているから、決算内容そのものに対する評価の厳しさが焦点になりそうだ。

このほか28日には、ブッシュ大統領による最後の一般教書演説。29日から30日にかけてはFOMC(公開市場委員会)が開かれる。また29日にはロンドンに英独仏伊の首脳が集まり、サブプライムで混乱する金融市場への対策を協議する。なかでもFOMCで、アメリカがさらなる金利引き下げを実施するかどうか。その下げ幅は。アメリカだけでなく、世界中が息をこらして見守る決定になる。

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 下げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.