fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
死者が語る コロナ肺炎の危険度 (20)
2020-07-25-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ パンデミックは衰えず = 日本時間24日午前0時の集計。新型コロナ・ウイルスの世界的大流行には、全く終息の兆しがみられない。世界の感染者は1500万人を超え、死亡者は60万人に達した。特に厳しいのはアメリカ、ブラジル、そしてインドの3か国。アメリカの感染者は397万人、死亡者はこの1週間で5774人増え14万3193人となった。ブラジルでは222万人が感染、死亡者は7405人増えて8万2771人に。またインドの感染者は123万人、死亡者は4946人増えて2万9861人となっている。

一方、ヨーロッパ諸国の状態は落ち着いている。死亡者数でみると、イギリスが4万人台、イタリアとフランスが3万人台、スペインが2万人台。イギリスでは448人増加したが、あとは2ケタの増加にとどまっている。このためインドの死亡者数がスペインを上回り、世界で6番目の多さになった。増加の勢いからみると、インドが近くフランスやイタリアを抜く可能性が高そうだ。

日本の周辺に目を転じると、中国の死亡者数は4634人で、この人数は5月22日以来ずっと変わっていない。感染者は増えているものの、死亡者は出ていないわけだ。また同じ期間に、韓国では死亡者が33人増えて297人に。日本では193人増えて1005人となっている。欧米に比べれば人数は少ないが、日本の死亡者数が1000人を超えたことには世界の注目が集まっている。

その日本では、コロナの第2波が発生した可能性が高い。23日には、東京都の感染者数が過去最高の366人。愛知・埼玉・福岡県などでも第1波のときを上回る感染者数を記録した。全国の感染者数は981人に達している。こうした状況にもかかわらず、GO TO トラベル・キャンペーンを強行した政府の責任が問われることになりそうだ。     


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.