fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
“コロナ前”に戻した 株価 (上)
2020-09-03-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 実体経済との乖離は広がるばかり = ニューヨーク市場のダウ平均株価は、先週末で2万8600ドルを回復。年初来高値を更新した。つまりコロナ騒ぎで急落した分を、完全に取り戻したことになる。一方、日経平均株価も今週は2万3000円台に復帰。ほとんどコロナ前の水準に戻している。しかしコロナで傷んだ実体経済の回復は遅く、株価と実体経済の乖離は極端に大きくなってきた。

たとえば日本のGDP成長率は、コロナの影響で4-6月期にマイナス27.8%も急減した。民間の研究機関は、緊急事態宣言が解除されたため、7-9月期にはその半分程度は取り戻すことができると予測している。しかし10月以降の回復ペースはぐっと遅くなり、GDPがコロナ前の水準に戻るのは速くても22年。遅いと24年までかかるという見方が多い。

急落した4-6月期のGDPは、年率換算で485兆1000億円だった。この規模は第2次安倍内閣が発足した12年末の前の水準だ。つまりアベノミックスによって営々と積み上げた経済成長を、コロナが一気に食いつぶしたことになる。四半期別でみたこれまでのGDPのピークは、19年7-9月期の539兆3000億円だった。そこへ戻るまでには、少なくとも4年以上かかるという見通しだ。

GDPの回復が鈍いことは、消費や設備投資あるいは輸出の回復も鈍いことを意味する。こうした経済指標が低迷する一方で、株価は戻りが速い。これが株価と実体経済の乖離と呼ばれる現象だ。株価と企業収益の関係を示すPER(株価収益率)も、ダウ平均は28倍、日経平均は23倍にまで上昇した。その根本的な原因は、各国の超金融緩和政策によって生じた未曽有のカネ余りにある。

                              (続きは明日)

       ≪2日の日経平均 = 上げ +109.08円≫

       ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.