fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
各国政府の借金 コロナ対策で急膨張
2020-09-11-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 第2次世界大戦時を上回る = 世界中の国が、コロナ対策のために財政支出を拡大している。医療体制の充実や企業・個人への所得補償など。その総額はすでに11兆ドル(約1170兆円)を超えた。このため先進27か国の債務残高はGDPの128.2%に達したが、これは第2次世界大戦が終わった1946年の124.1%よりも大きい。IMF(国際通貨基金)が、こんな報告書を発表した。

この報告書によると、コロナ財政支出がいちばん大きいのはアメリカ。そのGDP比は12.3%となっている。次いで日本が11.3%、財政規律に厳しいドイツも9.4%、オーストラリアが8.8%などとなっている。もちろん新型コロナ・ウイルスのパンデミック(世界的大流行)はなお続いており、各国の財政支出がさらに増大することは確実だ。

各国の債務が増え続けると、どうなるのだろう。借金が返せなくなれば、国も破産する。だが日本を含めて先進国は膨大な対外債権を保有しているから、破産はしない。新興国の場合は債務が過剰になると危ない。現在もアルゼンチンとレバノンは、国債の償還が出来ず、いわゆるデフォルト(債務不履行)の状態に陥っている。

次に国債の発行が多くなると、長期金利が上昇しやすい。だが日本の現状をみても判るように、中央銀行が国債を買いまくるから金利は上がらない。あとは為替相場の下落も心配されるが、各国が一斉に国債を増発している状態では、大きな不均衡は起こりにくい。要するに「みんなで借りれば怖くない」のだ。こうして各国の膨大な借金は、将来の世代に持ち越されて行く。

       ≪10日の日経平均 = 上げ +202.93円≫

       ≪11日の日経平均は? 予想 = 下げ


                   ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.