fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
コロナ “満ち潮”と“引き潮”の 交錯
2020-09-30-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日本は欧米と真逆の局面に = 秋本番だが、ヨーロッパ諸国にはコロナ・ウイルスの第2波が押し寄せた。ECDC(ヨーロッパ疾病予防センター)の発表によると、9月の1日当たり感染者数は4月の水準を大幅に上回っている。つまり感染者数でみる限り、第2波の高さは第1波よりも高い。またアメリカの感染者数は708万人に達し、コロナの勢いは衰えていない。その一方で、日本の感染者数は減少傾向にある。

欧米ではコロナが“満ち潮”の状態にあり、日本は“引き潮”の局面にあると言えるだろう。このため欧米諸国は、外出制限や店舗の営業時間短縮など、規制の再強化に乗り出した。日本はGO TO トラベルに東京を加えたり、イベントの観客数を増やしたり、逆に規制を次々と解除している。コロナという潮の流れが、欧米と日本では完全に真逆になった。

規制を強化すれば、経済活動は阻害される。解除すれば、景気は回復に向かう。したがって、ヨーロッパ諸国やアメリカの景気は下り坂。日本は上り坂。欧米の株価は下がり気味、日本は上がり気味ということにもなる。ただ日本円には上昇圧力もかかるから、日本株だけが値上がりすると言うわけにもいかない。

規制の強化でコロナが“引き潮”気味になれば、再び経済再生への歩みが始まる。規制の緩和で“満ち潮”が来れば、再び経済活動は阻害される。だから秋から冬にかけての局面では、欧米と日本の状態がそっくり入れ替わる可能性も十分にあると言えるだろう。そのとき日本は第3波に襲われることになるが、その”満ち潮”の高さをなるべく低くするチエと努力が求められる。

       ≪29日の日経平均 = 上げ +27.48円≫

       ≪30日の日経平均は? 予想 = 下げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.