FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
資源探査船を 10隻持とうよ
2008-02-14-Thu  CATEGORY: 政治・経済
日本が最新鋭の資源探査船を導入した。長さ86メートル、幅40メートルの探査船は、海底に向けて強力な音波を発信。その反射波を解析することで、深度5000メートルまでの地層を立体的に探査できる。この地層図から、原油や天然ガスの埋蔵地点を発見することが目的だ。政府がノルウェーの会社から232億円で購入した。

東京湾で11日、この船の引渡し式が行なわれ、その名も「資源」と命名された。探査船「資源」は、さっそく新潟沖や三陸海岸で活動する。日本は、国内で消費する原油の99.7%を輸入に頼っている。この「資源」が日本の領海内で海底油田を掘り当ててくれれば、エネルギー確保の見通しが大きく好転するかもしれない。なんでもっと早く導入しなかったのか、と思うぐらいだ。

でも日本の領海は広いから、たった1隻の探査船で回り切れるのだろうか。この際は思い切って、あと9隻ぐらい買ったらどうだろう。そのためには2000億円程度の資金が必要だ。いま大きな問題になっている道路特定財源。ガソリン税の暫定税率を延長する代わりに、そこからこの資金を出したらいい。原油確保のためなのだから、この財源流用には道路族も文句は言うまい。

もう一つ、探査船の運航は石油天然ガス・金属鉱物資源機構に任せるとして、10隻の探査船を保有する株式会社を作る手もある。1株20万円として、100万株を公募する。油田が見つかった時には採掘権を石油会社に売り、その金額の一定割合を配当金にする。素晴らしい夢のある投資物件が誕生するのではないか。国も個人も未来に夢を持てる。久しぶりに明るい話が飛び交うだろう。

    ≪13日の日経平均 = 上げ +46.34円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.