FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
予想上回った 10-12月期のGDP
2008-02-15-Fri  CATEGORY: 政治・経済
一瞬、目を疑う数字が出た。内閣府が14日発表した07年10-12月期の実質成長率は、年率換算で3.7%という高さ。前7-9月期の1.3%から、大きく跳ね上がった。エコノミストによる事前の予測値は平均で1.36%だったから、専門家もビックリしたにちがいない。株価も大幅高となった。予想外の数字とはいえ、いい方にはずれたのだから結果オーライである。

内訳けをみると、いちばん頑張ったのは企業の設備投資。7-9月期の前期比1.1%増から2.9%増へと拡大した。家計の消費支出は0.1%増から0.2%増へ。輸出は前期と同じ2.9%増だった。ただ改正住宅建築基準法の影響で、住宅投資は9.1%の減少。この問題がなかったら、成長率は4%台に乗せたはずだ。全体として、輸出を基盤にした企業活動が相変わらず景気を引っ張った形となっている。

この結果、07年のGDP(国内総生産)は名目値で515兆7100億円、実質値で561兆2900億円となった。名目成長率は1.3%、実質成長率は2.1%となっている。また07年のGDPデフレーターはマイナス0.7%。06年のマイナス1.0%より、マイナス幅がやや縮小した。ただし10-12月期だけをみると、マイナス1.3%と逆に拡大している。

一つ心配なことは、後々の改定作業で成長率が引き下げられるのではないかという懸念。というのも7-9月の場合は、第一次速報で実質成長率は2.6%だったのが、改定値では1.3%に大きく下方修正されたからだ。またこういうことが繰り返されると、GDP統計に対する信頼度が落ちかねない。内閣府の国民経済計算部さん、頼みますよ。

    ≪14日の日経平均 = 上げ +558.15円≫

    ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.