fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
善玉 or 悪玉?: アメリカの金利上昇
2021-02-09-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 金利高と株高が両立する理由 = アメリカの長期金利が、じわじわと上昇している。きのうの10年もの国債利回りは1.170%だった。昨年中はずっと1%を下回っていたが、ことしに入ると上昇傾向を強めている。金利が上昇すると、ふつうは資金が株式市場から債券市場に移動し、株安になりやすい。しかし今回は資金が流れず、株価は上昇基調を保っている。

市場では、その理由を「今回の金利上昇は善玉だからだ」と説明している。景気の回復あるいは回復見込みが強まると、資金需要が増大するので金利が上がる。これが健全な善玉型の金利上昇だ。これに対して、国債の供給が増え過ぎたり、国債の売却が増加すると、やはり金利は上がる。だが、これは不健全な悪玉型なのだそうだ。

しかし、この市場論理はややコジツケ。善玉と悪玉の区別は付けにくい。今回も景気回復の期待はあるが、国債の利回りが上昇したのは、バイデン政策で国債が増発されると予想されたからだろう。そして長期金利の上昇がこの程度に収まっているのは、FRBが市場から国債を買い入れているからに他ならない。

したがって株式市場にとって最も重要なのは、今後のFRBの政策ということになる。バイデン政権の景気対策で国債が増発されたとき、FRBがそれに応じて買い入れを増やすかどうか。景気回復で物価が上昇し始めると、FRBは買い入れを増やしにくくなる。株式市場にとっては、試練のときとなるわけだ。

        ≪8日の日経平均 = 上げ +609.31円≫

        ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

           
              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.