fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
史上最大の景気対策 / アメリカ (下)
2021-03-17-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 注意点は物価上昇のスピード = アメリカではいまコロナ感染者の増勢が弱まり、規制を少しずつ解除する地域が増えつつある。そこへ史上最大の財政支出が加われば、これまで抑えられてきた消費と設備投資は爆発的に増えるだろう。しかも原油や銅などの国際価格は、投機によって高騰している。したがって物価は、間違いなく上昇する--専門家の見方はほぼ一致している。

特に4-6月期の物価は上がりやすい。というのも昨年4-6月期はコロナの影響で経済活動が抑えられ、物価は落ち着いていたからだ。パウエルFRB議長が最近たびたび「一時的な物価上昇なら、FRBは我慢する」と述べているのは、このことを指しているものと思われる。だが問題は、物価上昇のスピードだ。仮にスピードが予想以上に速かった場合でも、FRBは緩和政策を続けられるのだろうか。

中央銀行は、自国の通貨価値の安定を最大の目標としている。物価が上がれば通貨の価値は下がるから、インフレの阻止が最優先の使命となる。もしアメリカの物価が3-4%も上昇し、インフレの気配が濃厚となった場合、FRBは少なくとも緩和政策を続けることはないだろう。市場がその動向を予知すれば、株価は下がるに違いない。

アメリカの消費者物価は昨年4-6月期、ほぼ0.3%の上昇で推移していた。それが7月以降は1%を超え始め、この2月には1.7%の上昇となった。これが景気の急拡大で、どこまで上昇するか。その結果、FRBは緩和政策の停止、さらには金融引き締めにまで進むのかどうか。市場の関心は、この一点に集中しそうだ。

       ≪16日の日経平均 = 上げ +154.12円≫

       ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

           
              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.