FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気判断、政府もやっと下方修正
2008-02-27-Wed  CATEGORY: 政治・経済
政府の景気判断が、ぐらついてきた。生産、輸出、雇用という重要な部門の勢いが、明らかに弱ってきたためである。大田経財相が閣僚会議に提出した2月の月例報告も、景気の基調判断を1年3か月ぶりに下方修正した。ところが、その判断修正は、まことに歯切れが悪い。迷いながら、いやいや判断を変えたようにも見受けられる。

1月の基調判断は「一部に弱さがみられるものの回復している」だった。それを今回は「このところ回復が穏やか」に修正。これをもって下方修正だと説明している。この2つの表現の差は、ふつうの人にはほとんど理解できないだろう。さらに大田経財相は「踊り場になる可能性がないではない」けれども、「景気後退になるとはみていない」とも述べた。しかし、その理由については触れていない。

アメリカでは、FRB(連邦準備理事会)が08年の成長見通しを1.3%-2.0%に改めた。昨年10月時点での見通しを0.5ポイント下方修正。またEU(ヨーロッパ連合)もユーロ圏15か国の成長予測を1.8%に改定した。これも半年前の見通しを0.4ポイント下方修正したもの。いずれも明解である。

中国などアジア諸国の成長率はまだ高いが、それでもアメリカ向けを中心に輸出の伸びが鈍化し始めた。こうした世界経済の変調に直面して、政府はまだ「日本は大丈夫」と安心しているように見える。だが、政府の情勢判断の甘さ、危険を回避するための行動の遅さを見ていると、どうしてもイージス艦の事故を思い出してしまう。

    ≪26日の日経平均 = 下げ -89.85円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 上げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.