fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
法人税15%以上で合意 : G7
2021-06-10-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ バイデンさん、意外にやるね! = ロンドンで開いたG7(主要7か国)財務相会議は、2つの重要な企業課税について合意した。1つは「各国は法人税を15%以上にする」こと。海外企業を誘致するため、これまで各国は法人税の引き下げ競争を演じてきた。これを改め、一定の税収を確保することが狙い。もう1つは、巨大なグローバル企業に対する課税。事業所がなくてもサービスを受ける消費者がいれば、その国も課税できるようにする。反対する国も少なくなかったが、予想外にすんなりと合意した。

この合意は、最終的に38か国が加盟するOECD(経済協力開発機構)で審議し、決定される。OECDは夏中の決定を目指しているから、実現は早いかもしれない。また、この合意はバイデン大統領の評価をぐっと高めることにもなった。というのも、合意された2点の内容はいずれもアメリカが提案したもの。さらに反対していたイギリスなどを、事前の折衝で賛成に変えた外交手腕。「意外にやるじゃないか」という声が強まっている。

日本の法人税率は29.7%。だから税率の最低水準が決められても、直接の影響はない。ただ東南アジア諸国など、日本企業が進出している国では税率が上がる場合もありそうだ。しかし企業誘致のための優遇措置は、法人税率引き下げだけではない。それらの国は、住民税や補助金などで対策を講じる可能性もある。

グローバル企業に対する課税は、高収益のIT企業など100社程度が対象。利益率10%を超えた部分の2割を、消費者のいる国で分配するという構想。まだ細部が煮詰まっておらず、決着には時間がかかるかもしれない。たとえば日本に支社などがなくてもサービス収入を得ている企業が、税金を支払うことになる。その対象に投資ファンドを入れるかどうかなど、議論は詰まっていない。

        ≪9日の日経平均 = 下げ -102.76円≫

        ≪10日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.