fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
G7 の成功は トランプ氏のおかげ 
2021-06-15-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 冷戦の始まりになるのか? = イギリスの西部コーンウオールで開かれたG7(主要7か国)首脳会議は13日、共同宣言を発表して閉幕した。新型コロナ対策から中国問題まで幅広い分野で討議を重ね、その多くで意見の一致をみたから、大成功だったと評価してもいいだろう。カナダで開いた18年の会議では、トランプ大統領が途中で退席した。それに比べれば、7か国の打って変った団結ぶりだった。

たとえば中国に対する姿勢。アメリカとイギリスは、新大西洋憲章を締結するなど非常時のムード。もともと第2次世界大戦中の1941年に、アメリカとイギリスが対ナチス・ドイツ戦を勝ち抜くために締結したのが大西洋憲章だった。したがって、ある意味では“臨戦態勢”とも言えるわけだ。

これに対してドイツやフランスは、中国との関係を重要視。アメリカ・イギリスとは一線を画している。にもかかわらず共同宣言では、「台湾」や「人権」の表記にまで踏み込んだ。主催国イギリスの事前の根回しが、功を奏したと言えるだろう。そして、その裏には、ヨーロッパの主要国が、トランプ前大統領の“自国優先主義”に辟易していたという事実がある。

それがバイデン大統領の登場で一変した。各国はその変化を保全するために、自国の主張を抑制したのではないか。要するに、団結の重要性を教えてくれたのは、トランプ氏だったのかもしれない。また中国の存在を軽視してはならないことを世界に教えたのも、トランプ氏の功績だった。重要な点は、今回の共同宣言を踏まえて7か国が具体的にどんな対中政策を展開するのかということ。もしかすると、新たな“冷たい戦争”が始まるのかもしれない。

       ≪14日の日経平均 = 上げ +213.07円≫

       ≪15日の日経平均は 予想 = 下げ

            
            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング














ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.