fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気を良くする 最善の方策 (下)
2021-07-01-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 副作用が大きくなりすぎたゼロ金利政策 = 日本の場合、ゼロ金利政策は1999年から、マイナス金利政策は2016年から始まった。景気を刺激するための思い切った政策で、株価を上昇させるなど一定の効果はあったと言っていい。しかし、ある意味では劇薬であり、副作用も大きい。いま世界の経済学者の間では「ゼロ金利は緊急事態には効果があるが、副作用も大きいので長く続けない方がいい」と考えられるようになった。

ゼロ金利やマイナス金利で最も得をしたのは、国と地方自治体だ。発行する国債や地方債の金利が下がり、利払い負担が極端に軽減されたからである。また企業も低利で融資が受けられ、社債の利払い負担も減った。その一方、金融機関は本業の預金・貸出業務で利益が出せず、国債の売買もできなくなってしまった。ゼロ金利政策の被害者だと言えるだろう。

最大の被害者は、個人である。将来の生活を安定させるため努力して貯めたおカネが、少しも利を産まなくなってしまった。なかには株式投資で儲けたり、低利の住宅ローンで得をした人もいるが、それは少数。大多数の個人は資産価値の保持に懸命だから、消費態度も節約志向になってしまう。だから景気は良くならない。

多くの経済学者が指摘するように、ゼロ金利の弊害は強くなりすぎた。このままの状態が続くと、高齢者や非正規労働者や母子家庭などと、金融投資で儲けた人々との格差が増幅する。そしてゼロ金利政策の被害者たちの不満は、政治に向かう。政府・与党はこの危険を意識し、ゼロ金利の早急な修正を計画すべきだろう。

       ≪30日の日経平均 = 下げ -21.08円≫

       ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ


           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.