FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
生産低下、経産省も甘い判断
2008-02-29-Fri  CATEGORY: 政治・経済
経済産業省の発表によると、1月の鉱工業生産は前月比で2.0%低下した。民間の調査機関による事前の予想値は0.6-0.8%の減少だったから、予想以上の低下ということになる。じっさい、生産が前月比で2%以上減ったのは、過去5年間のうち2回だけ。さらに2月も2.9%の低下となる見込みだという。

1月の生産は普通乗用車、IT 機器に使用される半導体などの電子部品、それにデジタルカメラの減産が響いている。これらの製品は、いずれも輸出の主力商品。1月の貿易収支は1年ぶりの赤字。特にアメリカ向けの輸出は5か月連続で減少している。つまりアメリカの景気下降が、輸出を通じて鉱工業生産にも影響を及ぼし始めたと考えるべきだろう。

ところが経産省は、いぜん強気の見方を崩していない。まず生産は2月も低下するが、3月は2.8%上昇の予測だから「生産は横ばい傾向で推移している」とコメントしている。さらに新聞報道によると、経産省は「アメリカのサブプライム問題を懸念する声は少なく、生産に大きな変調もない」と説明したそうだ。こんな聞き取り調査の結果は、どこから出てくるのだろう。

いずれにしても1-3月期の生産が、前期比でマイナスになることは避けられない。そうなると、生産と強い連動性を持っている景気動向指数も大幅に下降する。経済成長率も、ゼロの近辺にまで落ち込む可能性がある。経産省をはじめ政府の内部には、こうした警戒感が全くないのだろうか。

    ≪28日の日経平均 = 下げ -105.79円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 下げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.