fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
人手不足に苦しむ アメリカ
2021-07-06-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 金融引き締めを早める最大の要因に = アメリカ労働省は先週2日、6月の雇用統計を発表した。それによると、非農業雇用者は前月比で85万人の増加。予想を大きく上回った。その半面、失業率は5.9%に上昇している。興味深いのは14.4%というテレワーク人口の比率、前月の16.6%から確実に減少した。それだけ経済活動が正常化したことを示している。

全体として雇用情勢は改善し、景気の回復が進んでいる。しかし失業率は、むしろ悪化した。また雇用者の総数も、コロナ前に比べるとまだ680万人少ない。こういう情勢ならFRBも、そんなに早く緩和政策を縮小するわけにはいかないだろう。株式市場はこう解釈し、ダウ平均は2か月ぶりに史上最高値を更新した。

ところが唯一の心配は、6月になって急に表面化した人手不足。経済活動の正常化に伴い企業の求人は増加したが、人が集まらない。自営業協会の集計によると、中小企業の半数以上が「必要な人員を確保できずにいる」という。理油は失業給付金の特別加算が9月上旬まで実施されており、働くより特別加算金を貰った方が得という人が少なくない。またコロナで故郷に帰った人が、都会に出てこないなど。

人を集めるには、賃金を上げるしかない。たとえばアマゾンは、最低時給を17ドル(1870円)に引き上げた。雇用統計をみても、6月の平均時給は30ドル40セント、前年比では2%以上も上昇している。この傾向は、今後も続きそう。人件費が上がれば、やがて企業は製品の値上げに踏み切らざるをえなくなる。するとFRBの引き締めも早くなる。市場はこれまで景気回復に伴う需要インフレを心配してきたが、同時にコスト・インフレも警戒しなければならなくなった。

        ≪5日の日経平均 = 下げ -185.09円≫

        ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.