FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2008-03-02-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第9章 地球の温暖化って、なんだろう? ⑤

世界各国の科学者が国連に集まって、温暖化の問題を研究しています。その結果、いろいろなことが判ってきました。たとえば世界中が出した温室効果ガスの総量は、1970年から2004年の間に70%も増大しました。そのうちの77%が炭酸ガスで、同じ期間中に炭酸ガスは80%も増加しています。

もし、この調子で温室効果ガスが増え続けると、21世紀の末には海水の温度が5.8度も上昇する可能性があるのです。地球の表面の70.6%は海。その海の温度がこんなに上がったら、どうなるのでしょう。まず海面が数メートルも上昇するだろうと、科学者たちは考えています。

日本の周りはみんな海ですから、日本も大きな被害を受けることは避けられません。もし海面が1メートルだけでも上昇すると、東京や大阪を中心に2400平方キロが水につかり、410万人が被害を受けそうです。また全国の砂浜が90%もなくなってしまう心配があります。こうした被害を防ぐために堤防を作るとしたら、何10兆円ものおカネがかかるでしょう。

また世界の方々で洪水が起きる半面、水不足で困る地域も広がります。科学者たちは、2050年までに水不足で悩む人々は世界で10億人以上にのぼるだろうと予想しています。さらに温暖化が進むと、陸地の4分の1が砂漠になってしまう危険さえあるのです。

                                  (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.