fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
インフレの足音が聞こえる / アメリカ (上)
2021-07-20-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 物価の上昇は一時的なものなのか = パウエルFRB議長は先週14日、議会で証言。注目されている金融緩和政策の縮小について「まだまだ遠い先の話だ」と強調した。株式市場にとって、こんなにいいニュースはない。ダウ平均は300-400ドル上昇しても、おかしくはなかった。ところが、その日のダウ平均は44ドルしか上がらなかった。FRB議長がいくら説明を尽くしても、市場は最近の物価上昇を無視できなくなっているからである。

米商務省の発表によると、6月の消費者物価は前年比5.4%の上昇だった。13年ぶりの上昇率である。5月も5.0%の上昇で、物価の騰貴は歴然としている。ただFRBは一貫して「この上昇は一時的なもの」だと主張してきた。というのも、昨年4-6月はコロナ不況の影響で物価が上がらなかった。したがって、ことし4-6月の物価上昇は大きく出ても仕方がないという説明だ。

たしかに昨年4-6月の消費者物価は、前年比0.1-0.6%の上昇にとどまっている。その後の7-9月に比べると、ほぼ1%ポイント程度低い。その分だけ上昇幅が大きく出ている、という説明は納得できる。しかし、その1%分を差し引いて考慮しても、ことし5-6月の上昇率は4%を超えており、無視できるような状態ではない。

問題は、7月以降の物価が上げ止まるかどうかだろう。この点については、需給動向とコスト動向の両面から見なければならない。まず需給面では、コロナ後の景気回復で需要は急激に増大する。しかし供給は、部品や人手などの制約から追い付けない。このため物価には上昇圧力が加わるだろうというのが、一般的な見方となっている。次にコスト面では・・・。

                            (続きは明日)

        ≪19日の日経平均 = 下げ -350.34円≫

        ≪20日の日経平均は? 予想 = 下げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.