fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気対策を軽視した 菅内閣
2021-09-01-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 選挙前でも打つ手なし = 政府が発表した8月の月例経済報告は、一貫して暗いムードに包まれている。まず現状認識は「景気は持ち直しの動きが続いているものの、一部で弱さが増している」と、きわめて慎重な判断。また今後の見通しについても「コロナの感染拡大による下振れリスクに、十分注意する必要がある」と、かなり警戒的だ。菅首相の「ワクチンの接種が進めば、経済は正常化する」という期待は、この政府の公式見解からは完全に締め出されている。

たしかに、デルタ型変異ウイルスの猛威は予想以上だ。しかしアメリカやヨーロッパ諸国では行動規制が徐々に解除され、景気は回復に向かっている。ワクチン接種→規制解除→景気回復の方程式が、まだ生きているわけだ。ところが日本では、ワクチン接種が進んでも将来の展望が一向に明るくならない。なぜなのか。

人口の減少、研究開発投資の不足、サービス業の低い生産性などなど。日本経済の潜在成長力の低さに、問題があることは確かだろう。だが政府の景気対策に、欠陥があることも見逃せない。たとえばアメリカでは、いま議会が総額380兆円にも及ぶ予算の審議中。これで金融緩和政策の縮小が近づいても、株価は史上最高値の水準を維持している。

菅政権は昨年度、コロナ対策として総額75兆円にのぼる補正予算を成立させた。しかし結局は30兆円以上を使い残してしまった。休業した店舗への補償や雇用を維持するための補助金など、目先の対策に集中しすぎた結果である。いま解散・総選挙を目前に、菅首相は政調会長に経済対策の検討を命じたが、時間切れで実現は難しい。

        ≪31日の日経平均 = 上げ +300.25円≫

        ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.