fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
なんでも遅すぎた 菅内閣
2021-09-07-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ アフガニスタンも経済対策も = アフガニスタンからの撤収作戦で、日本は完全に後れをとった。アメリカやヨーロッパ諸国、それに韓国は自国民のほか協力的だったアフガニスタン人の救出にほぼ成功している。それなのに日本は自衛隊の大型輸送機を3機を派遣しながら、日本人1人しか送還できていない。テロによる爆発という不幸な事件があったとはいえ、政府の決断が遅かった結果であることは否定できない。

昨年春からのコロナ対策。ここでも政府の対応が、常に遅かったと感じた人は多い。数度にわたる緊急事態宣言の発令も、もし決定が早かったら感染の拡大をかなり抑えられたのではないか。感染の勢いを予測して、早め早めに対策を講じる姿勢が全くなかったと言えるだろう。その原因が官邸を中心とする組織的なものにあったのか、菅首相の決断力にあったのか。

経済対策についても同じ。たび重なる緊急事態宣言の発令で、景気の先行きが悪化することは目に見えていた。だが菅首相が下村政調会長に対して「新たな経済対策の検討」を指示したのは、先週になってからのこと。しかし臨時国会も開けないから、いますぐ経済対策などが実現する可能性はない。これも決断が遅すぎたために、選挙用のリップ・サービスに終わってしまった。

その直後、菅首相は急に自民党役員の人事と内閣改造を打ち出した。総裁選挙を有利に戦うための最後の手段だったが、やはり遅きに失した。結局は求心力を失って人事も出来ず、退陣に追い込まれてしまった。こうみてくると、菅内閣が1年で終わった最大の原因は“決定の遅さ”にあったと言えるのではないか。ただし「退陣声明」だけは早かった?

        ≪6日の日経平均 = 上げ +531.78円≫

        ≪7日の日経平均は? 予想 = 上げ

            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



       
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.