fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
失速する 景気回復 / 中国
2021-09-16-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ インフレの懸念も強まる = 中国の景気回復力が、急速に鈍ってきた。国家統計局が15日発表した8月の主要な経済統計をみると、その傾向がくっきり。まず鉱工業生産は前年比で5.3%の増加。7月の6.4%増、6月の8.3%増から著しく減速している。半導体の不足で自動車の生産が19.1%減少したほか、鉄鋼やセメントなども大幅な減産となった。コロナの再発による行動規制や、インフラ投資の縮小が響いている。

個人消費にも、陰りが見えてきた。8月の小売り売上高は前年比2.5%の増加。7月の8.5%増、6月の10.1%増から急減した。飲食店の売り上げは4.5%の減少、自動車販売も7.4%の減少となった。また固定資産投資額は1-8月で前年比8.9%の増加。これも1-7月の10.3%増、1-6月の12.6%増から減退した。製造業の投資は15.7%伸びたが、インフラ投資は0.9%しか増えなかった。

中国経済の回復力が、これだけ急激に鈍化することは珍しい。ふつうなら政府が直ちに景気対策を打ち出すところだが、今回は静観している。というのも、一方で物価が急騰し始めているからだ。8月の卸売り物価は前年比9.5%と13年ぶりの上昇。エネルギーや化学原料など、資源高によるものと考えられている。消費が低調なため、まだ消費者物価は落ち着いているが、間もなく上昇を始めるだろう。

こんな状態で政府が景気対策を打ち出せば、インフレは加速する。下手をすれば、スタグフレーション(不況とインフレの両立)にもなりかねない。そこで成り行きを見守るしかないが、その結果7-9月期のGDP成長率は政府が目標とする6%をかなり下回る可能性が大きい。こうした中国経済の減速は、貿易を通じて世界経済や日本経済にも大きな影響を与えることは必至である。

       ≪15日の日経平均 = 下げ -158.39円≫

       ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ


           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング










ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.