fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
アベノミックスと どう違うの?
2021-10-01-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 迫力に欠ける岸田氏の経済政策 = 岸田文雄氏が自民党の新総裁に選出された29日、株価は大幅に下落した。市場にとって岸田氏の政策は好ましくないのかというと、決してそうではない。まず岸田氏は「年内に数十兆円の補正予算を組む」と言明した。また「分配なくして成長なし」と述べ、労働分配率の上昇を重視する。さらにエネルギー問題では「原発を出来る限り活用する」姿勢を明らかにした。市場が嫌がる点はない。

だが、こうしてみるとアベノミックスとどこが違うのだろう。安倍政権も菅政権も、数十兆円の補正予算を組んだ。安倍前首相は、企業に対してたびたび賃上げを要請している。原発についての考え方も、全く同じだ。しかも大型補正予算の中身は、まだ判らない。その財源も不明。賃上げや原発についても、具体論はこれからだ。

長引くコロナ対策によって、国民の気分は抑圧されている。そこへ新内閣が誕生するのだから、気分一新と行きたいところ。だが新政権の政策はアベノミックスの延長となれば、やっぱり迫力に欠ける感じは否めない。その印象を薄めるためか、岸田氏は「新しい資本主義」とか「令和所得倍増」などのキャッチフレーズを持ち出した。しかし、その内容はからっぽだ。

アメリカでは物価と金利が上昇し、株価は下落した。東京市場もその影響で大幅に下げた。その最中に誕生した岸田新総裁、株価を上げるほどの迫力はなかったということだろう。5年後、10年後の日本経済をどんな姿にするのか。その青写真が公表され、そのための具体策が作成されないと、岸田新内閣に対する国民の期待は高まらない。

        ≪30日の日経平均 = 下げ -91.63円≫

        ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング 


      ☆ 「経済なんでも研究会」は、きょうから16年目に入ります。ここまで
       続けられたのも、読者の皆さまのご支援・ご協力によるものです。厚く御礼申し上げます。今後とも、
       よろしくお願いします。

     ☆ 日経平均予想は過去15年間で2585勝1106敗。勝率は7割ちょうどでした。やっと大きなカベになっ
       ていた7割に届きました。












ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.