FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-03-10-Mon  CATEGORY: 政治・経済
ニューヨーク市場は、先週も大荒れだった。ダウ平均株価は一週間で365ドルの下落。年初に比べると1371ドル下げて、1万2000ドルを割り込んだ。06年10月以来の安値である。為替市場ではドル安が続く。その一方で、原油価格は1バレル=106ドルの新高値。金は1トロイオンス=1000ドルが目前。銅や穀物相場も記録的な高水準を維持している。

日経平均も先週は820円の下げ。これで年初来の下げ幅は2373円、率にして15.66%の下落となった。ドル安を反映して、円相場は一時101円台にまで上昇した。8年2か月ぶりの円高水準である。アメリカ経済はすでにスタグフレーション状態に突入、日本経済も約3か月の時差を置いて同じ道を走っていると考えられる。

今週の予定は、アメリカでは13日に2月の小売販売高。14日には2月の消費者物価とミシガン大学の消費者信頼感指数が発表になる。いずれも個人消費に関する指標で、もし好ましくない結果が出ると、サブプライム問題に端を発した混乱がついに最終的な局面にまで浸透したと判断されることになるだろう。

国内では、10日に1月の機械受注、2月の景気ウォッチャー調査。12日には昨年10-12月期のGDP(国内総生産)改定値と2月の消費動向調査。また13日には1月の鉱工業生産・改定値が発表になる。このうちGDPがどのくらい下方修正されるかが注目される。

    ≪10日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.