FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
心配なのは、ことしの成長率
2008-03-14-Fri  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が発表した昨年10-12月期の実質成長率は、改定値で年率3.5%だった。一次速報に比べると0.2ポイントの小幅な下方修正となっている。設備投資が前期比2.9%増から2.0%増に下がったものの、輸出が2.9%増から3.1%増に上がって埋め合わせた形。名目成長率は年率で0.8%だった。

この結果、07年の実質成長率は2.1%になった。成長に最も貢献したのは、やはり輸出。前年比で8.8%も伸びている。次いで設備投資が2.4%の増加、個人消費も1.4%増と予想以上に健闘した。ただ建築基準法の改正で打撃を受けた住宅投資は9.5%と大きく減少し、成長の足を引っ張った。とにかく輸出と企業収益に支えられた1年だったと言えるだろう。

04年からの実質成長率は、2.7%→1.9%→2.4%→2.1%という動きになった。単純に平均すると、この4年間は2.275%の成長だったことになる。いまの日本経済は、この程度が実力なのかもしれない。内容的にも、やはり輸出と設備投資が際立って貢献している。

その輸出と設備投資が、ことしになってから鈍ってきた。08年度の実質成長率については、政府が2.0%を見込んでいる。これに対して、民間エコノミスト32人の予測は平均すると1.56%だ。だがアメリカをはじめとする世界経済の動きを観察していると、どちらも甘すぎる感じが強い。5月中旬にまとまる1-3月期のGDP(国内総生産)統計を、まず注目しよう。

    ≪13日の日経平均 = 下げ -427.69円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆ Please click here ⇒  人気ブログランキング



  

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.