fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
FRB の 引き締め行程表 (上)
2022-01-12-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 最速なら資産の売却は4月にも = FRBは先週、12月に開いたFOMC(公開市場委員会)の議事要旨を公開した。これで明らかになったのは「従来の想定より速いペースで利上げする可能性」「利上げ開始直後に量的な引き締めも」というFRBの姿勢だった。市場はすでに「速いペースでの利上げ」は織り込んでいたが、「量的な引き締め」については虚を突かれた形。株価は大きく下落し、金利は急騰した。

金融引き締めに関するFRBの行程表は、大別して3つの政策から成っている。その第1は「量的緩和の縮小」だ。これまで市場から国債と住宅ローン証券を毎月1200億ドルずつ買い入れてきたのを、しだいに縮小する。第2は「政策金利の引き上げ」で、現在のゼロ金利から脱却する。第3が「量的引き締め」で、これまでに買い取った国債や住宅ローン証券を市場で売却。その分だけ資金がFRBに吸収されることになる。

問題はこうした3つの政策を、いつ実行するかである。FRBはこれまで「量的緩和の縮小は3月に終了し、利上げは4月にも行うかもしれない」と表明してきた。それが想定より速いペースで利上げするとなれば、3月の実施が視野に入ってくる。すると量的な引き締めは、早ければ4月にも開始される可能性が出てきたわけだ。市場に衝撃が走ったのは、このためである。

FRBが行程表の実施スピードを上げようとしている裏には、物価と雇用の動向がある。アメリカの消費者物価は11月に6.8%と39年ぶりの上昇率を記録した。(12月の統計はきょう12日に発表される)。その一方で、12月の失業率は3.9%にまで低下した。金融引き締めを急いでもいい条件が整ったと考えられる。こうして金融環境は一変したが、市場はどう対応しようとしているのだろうか。

                           (続きは明日)

        ≪11日の日経平均 = 下げ -256.08円≫

        ≪12日の日経平均は? 予想 = 上げ


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.