FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-03-17-Mon  CATEGORY: 政治・経済
先週もマーケットは大荒れ、記録づくめの1週間となった。円相場は1ドル=100円を突破して、一時は98円台に。95年10月以来の円高水準である。金価格は1トロイオンス=1009ドル。原油は1バレル=111ドルのともに新高値。日経平均株価は541円下がって、05年8月以来の安値を付けた。

大揺れの震源地アメリカの金融不安が、どうにも収まらない。実体経済も景気後退入りの可能性を強めている。このためドルが売られ、ヨーロッパやアジア諸国の通貨が軒並み高い。中国元もシンガポール・ドルも、米ドルに対して過去最高の相場を記録した。その一方で、各国の株価はみな下げている。

今週も余震は続くだろう。そうした状況のなかで、今週は2つの重要な予定が組み込まれている。その1つは18日のアメリカ公開市場委員会。ここでの利下げ決定は、すでに市場も織り込み済みだった。ところがFRB(連邦準備理事会)は、16日の日曜日に公定歩合の0.25%緊急利下げを決めてしまった。やや芝居がかったこの決定に、マーケットがどう反応するだろうか。

もう1つは、19日に迫った日銀総裁の任期切れ。政府・与党はぎりぎりのところで、新しい人事案を出すだろう。おそらくは民間人からの起用になるだろうが、後味はまことに悪い。民主党もこんどは呑まざるをえない。もし日銀総裁が空席になると、日本経済の評価はさらに下落する。その責任は民主党にあるという世論が高まることは、目に見えているからだ。

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.