fc2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
 死者が語る コロナ肺炎の危険度 (111)
2022-05-07-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ エピデミックに近づいたらしい = 世界の感染者は累計5億1560万人、この1週間で385万人増加した。週間の増加数は7週連続で縮小、7週間前の4分の1になっている。死亡者は624万4913人で、週間1万6291人増加した。この増加数は昨年初以来の最少となっている。全体としてコロナのパンデミック(世界的大流行)は終わりに近づき、エピデミック(インフルエンザのように特定の地域で感染が広がる状態)に移行しつつあるとみていいのではないか。

国別の死亡者数をみても、そうした傾向が見て取れる。アメリカの死亡者は累計99万6705人、この1週間で3965人増加した。次いでブラジルは66万人台、インドは52万人台、ロシアは36万人台、メキシコは32万人台。さらにイギリスが17万人台、イタリアが16万人台、インドネシアが15万人台、フランスとイランが14万人台となっている。アメリカの死亡者数が前週をやや上回ったほかは、すべての国で増加数が縮小した。

米CDC(疾病対策センター)の推計によると、アメリカでは全人口の57.7%がコロナに感染したという。自治体が確認した感染者数に、本人も自覚しないまま感染した人数を加えた推計値である。その合計は公表された感染者数の約2.7倍。人口の6割に近い人が感染し、いわゆる‟集団免疫”が出来たのかもしれない。たとえば中国はゼロ・コロナを推進してきたから感染者が少なく、いまコロナの蔓延に手を焼いているとも考えられる。

日本の感染者は累計800万7414人。この1週間で18万5727人増加した。この増加数は1月上旬以来の最少。死亡者は2万9728人で、週間216人の増加。1月下旬以来の最少だった。改善の傾向は続いているが、まだ安心はできない。というのもCDC流に計算してみると、日本の感染者数はまだ全人口の20%に満たない。集団免疫にはほど遠いからである。

        ≪6日の日経平均 = 上げ +185.03円≫

        【今週の日経平均予想 = 1勝1敗】     


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2022/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.