FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
気になる輸出数量の減少
2006-11-24-Fri  CATEGORY: 政治・経済
内閣府の試算によると、10月の輸出数量は前月比1.5%減少した。9月も4.0%減少しており、2か月続いての低下である。

10月の動向を地域的にみると、アメリカ向けは4.4%増加したが、アジア向けが2.2%減少、EU(ヨーロッパ連合)向けも2.2%減少した。海外の景気減速を反映したものと分析されている。

輸出数量は輸出金額と違って、物価や為替の影響を受けにくい。それだけに数量の減少は、今後の輸出が減速する方向にあることを示唆する可能性が強い。

いまの景気は企業の設備投資と輸出が引っ張っている。設備投資の先行指標である機械受注が減ったことに加えて、輸出数量も減少し始めた。

それを補うだけの消費増加が実現するかどうか。その程度によって、景気の動向が左右される。年内の機械受注額と輸出数量は、きわめて注目すべき経済統計になってきた。

   ≪24日の日経平均 = 下げ≫

   【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】

  Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.