FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-04-07-Mon  CATEGORY: 政治・経済
アメリカは景気後退期に入ることを覚悟したようだ。まずFRB(連邦準備理事会)のバーナンキ議長が2日の議会証言で「景気後退は起りうる」と明言。次いでスウェーゲル財務次官補も4日の記者会見で「バーナンキ議長の証言内容に同意する」と発言した。中央銀行トップと政府高官が、そろって景気後退の可能性を是認したことはきわめて珍しい。

景気指標を見ても、3月の雇用統計は予想以上に悪く、非農業関係の就業者数は前月比8万人も減少した。アメリカでは、この就業者数が景気動向に最も敏感な指数となっている。昨年10-12月期には月平均で8万人増加していたのが、1-3月期は一転して7万7000人の減少。08年に入ってから、実体経済は急速に悪化しているようだ。

今週のニューヨーク市場は、こうした動きをどう消化するのか。株価は景気の先行きを素直に反映して下げるのか。それとも月末のさらなる利下げ、あるいは政府による追加的な景気対策の実施を期待して上げるのか。いずれにしても、投機ファンドの出方を注目する一週間となりそうだ。

国内では、7日に2月の景気動向指数。8日に景気ウォッチャー調査、10日に2月の機械受注、11日に企業物価が発表になる。日本の場合は、まだだれも景気後退入りを覚悟していない。しかし、少しずつ状況は悪い方向に流れて行く。今週も、その流れが確認される一週間になりそうだ。

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.