FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2006-11-27-Mon  CATEGORY: 政治・経済
円相場の動向とアメリカのクリスマス商戦が注目点。特に円相場の上昇傾向がはっきりすると、年末に向けて経済の波乱要因になるだろう。

円の対ドル相場は先週から上昇傾向に。27日には1ドル=115円40銭と、3か月ぶりの高値を記録した。アメリカの景気先行きに慎重論が出て、アメリカ系のヘッジファンドが円買い・ドル売りに積極的だという。

さらに円高が進めば、日本の輸出や企業業績の見通しにも悪い影響が出かねない。またドル安の進行はニューヨークの株価にも下げ圧力となる可能性がある。

一方、アメリカでは先週から本格的なクリスマス商戦が始まった。滑り出しは順調で、売上げは前年比5%の増加だという。この調子が続けば、景気に対する慎重論も影を潜め、ドル相場も持ち直すにちがいない。

  ≪27日の日経平均 = 上げ≫

  ≪28日の日経平均は? 予想=下げ

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.