FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-05-05-Mon  CATEGORY: 政治・経済
中国の胡錦濤国家主席が、6日から10日まで来日する。冷凍ギョーザ事件、東シナ海のガス田開発問題、チベット騒乱、それに北朝鮮に対する6か国協議など、日中両国をめぐる懸案事項は数多い。そうしたなかで、10年ぶりの最高首脳による日本訪問。どの程度まで成果を上げられるのか。世界中が注目している。

07年度の貿易統計をみると、日本の対中国貿易は輸出入を合わせて28兆円。対アメリカ貿易の25兆円を上回っている。中国側にとってみても、輸出額はEU(ヨーロッパ連合)、アメリカ、香港に次いで、日本は第4位。輸入額では日本、EU、アセアン、韓国の順になっている。このように日中両国の経済関係はきわめて濃厚になっていることを、この際に再確認しておこう。

今週も企業の決算発表は続くが、連休ということもあって経済統計の発表は少ない。ただ9日に出る3月の景気動向指数は要注意。おそらく一致指数は大幅に低下するだろう。その程度によっては、1-3月期のGDP(国内総生産)成長率が現在の予想をさらに下回る可能性がある。

ニューヨーク市場では先週、ダウ平均が年初来の高値にまで戻した。この勢いが今週も持続するかどうか。個別企業の決算内容、7日発表の住宅ローン申請指数などにも影響されるだろうが、もっと大きな要因は原油価格の動き。原油相場が落ち着いていれば、高値を更新する場面もありそうだ。

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.