FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業は減益へ : 景気ピンチ (上)
2008-05-08-Thu  CATEGORY: 政治・経済
02年から始まったいまの景気回復。その原動力は、ほとんどが企業の好調な業績にあったと言っていい。大企業を中心に過去最高の利益が続き、その利益が関連部門に対する需要増、堅調な設備投資支出、さらには高水準の配当となって、景気を下支えしてきた。ところが企業の業績は明らかに悪化、6年間にわたった増益傾向には終止符が打たれそうだ。

企業の業績は、ずっと好調な輸出に支えられてきた。だが、その輸出の伸びが急速に鈍化している。3月の貿易統計によると、輸出は前年比2.3%の増加にとどまった。3年ぶりの低い伸びである。特にアメリカ向けは11.0%の減少。自動車や自動車部品が大幅に減った。アジア向けも2月の13.8%増から、3月は1.9%増へと伸び率が急減した。

輸出の伸びが急速に鈍化した最大の原因は、やはりアメリカの景気下降。それに円高の影響が加わった。だがEU(ヨーロッパ連合)やアジア向けの輸出も伸びが落ち込んだことは、アメリカ経済の不調がヨーロッパやアジア諸国にも悪影響を及ぼし始めていることを反映している。たとえば香港、台湾、韓国向けは前年比でマイナスになった。

輸出の減退は、国内の生産抑制につながってくる。3月の鉱工業生産高は前月比3.1%の減少。景気後退局面だった01年1月以来の大幅な減少率である。自動車や一般機械の減産が大きい。これで1-3月期も、前期比で0.6%の減少となった。にもかかわらず減産が輸出の鈍化に追いつけず、在庫率は6.9%も上がってしまった。

                               (続きは明日)

    ≪7日の日経平均 = 上げ +53.22円≫

    ≪8日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

          
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.