FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
減少局面に入った 機械受注
2008-05-16-Fri  CATEGORY: 政治・経済
内閣府の発表によると、3月の機械受注総額は前月比7.8%の減少だった。このうち民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民間需要」は、前月比8.3%減少の9568億円。2月の12.3%減に続いて、3月も減少した。製造業は7.0%減、非製造業は9.5%減となっている。

機械受注統計は、内閣府が毎月末に機械メーカー280社を対象に実施している調査。機械メーカーは受注分をだいたい半年後ぐらいに納入するため、設備投資の先行指標として利用される。ただ船舶と電力は発注が不規則で、景気との関連性も薄い。このため「船舶・電力を除く民需」が、景気との関連では重視される。

統計のクセとして、比較的に増加と減少を繰り返しやすい。だから2月と3月に連続して減少しても、あまり心配する必要はないという見方もある。しかし今回はそうもいかないようだ。というのも同時に発表された4-6月の見通しで「船舶・電力を除く民需」は10.3%減少となっているからだ。08年度の企業業績は減益になりそうだから、この見通しも当たる可能性が高い。

仮にそうなると、08年度後半の景気は設備投資に頼れない。輸出も鈍化の傾向を強めている。あとは、いよいよ個人消費だけが頼みの綱だ。こういう状況になってきたとき、政府はなにか対策を考えているのだろうか。実行するかどうかは別として、いくつかの対応策を準備しておく方が賢明だと思うのだが。

    ≪15日の日経平均 = 上げ +133.19円≫

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.