FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
対照的な日米の中央銀行総裁
2006-11-30-Thu  CATEGORY: 政治・経済
日銀の福井総裁は27日から3日間、大阪・名古屋・東京で連続講演した。市場関係者は金融政策に変更の兆しがあるかと聞き耳を立てたが、結果はなにもなし。

日銀総裁が金融政策を示唆するはずもないから、これは当り前。総裁は「遅すぎない、早すぎないタイミング」としか言わなかった。もちろん、次の利上げについてである。

一方、アメリカのバーナンキFRB(連邦準備理事会)議長は28日、講演で「物価は不快な水準に高止まりしている」とインフレ懸念を強調した。こちらは利下げムードのけん制である。

アメリカは景気が軟着陸体制に。そこで利下げ期待をけん制する発言に。日本は「踊り場」説も出ているが、まだ利上げの方に関心が集まっている。

日銀総裁が3日も続けて講演したのは、おそらく初めてのこと。その姿勢は買うけれども、もう数か月すると、バーナンキ議長と同じ立場にならないか。それが心配。

  ≪30日の日経平均 = 上げ≫

  【11月の日経平均予想 = 9勝11敗】

  ≪1日の日経平均は? 予想=下げ

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.