FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-06-23-Mon  CATEGORY: 政治・経済
先週はダウ平均が465ドルも値下がりして、3か月ぶりに1万2000ドルを割り込んだ。ゴールドマン・サックスをはじめ3大証券が、3-5月期に計54億ドルの損失を出したこと。最大手銀行のシティ・グループが、4-6月期も多大な損失を出す見通しになったこと。さらに景気の先行きについても、悲観的な観測が広がったこと。株価にとっての悪材料が、いっぺんに噴出した。

今週はそうしたショックが薄れて、ダウ平均は下値を探れるかどうか。材料としては、24日に出る4月の住宅価格指数。25日には5月の新築住宅販売と耐久財受注。26日は5月の中古住宅販売など。24-25日に開くFRBのFOMC(公開市場委員会)の議論が、どの程度までインフレ抑制に傾くかも注目のマトだ。

先週の日経平均は前半こそ好調に推移したが、後半はさすがにダウの大幅安に引きづられた。それでも1週間で32円の下げに止まっている。このところダウに比べると、日経平均の成績はいい。ただ日本の場合も、景気の先行きは暗さを増している。株主総会まっ盛りの今週、東京市場はどんな動きをみせるのだろうか。

経済指標の発表は、27日に集中している。5月の家計調査、消費者物価、鉱工業生産、商業販売。なかでは物価と生産の結果に注目。ガソリンの暫定税率が復活して、物価をどこまで押し上げたのか。このところ弱含みの生産活動が、どう推移したか。

    ≪23日の日経平均は? 予想 = 下げ≫ 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.