FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
石原都知事の 独断的 “光と影”
2008-07-04-Fri  CATEGORY: 政治・経済
東京都の改正環境確保条例が、先週25日に成立した。年間のエネルギー消費量が原油換算で1500キロリットルを上回る大規模な事業所を対象に、CO2(二酸化炭素)排出量の削減を義務づけるもの。20年度までに、ガスの排出量を現状より15-20%削減することが目標。対象となる約1300の事業所について、来年3月までにまず5年間の削減量を決めて通知する。

こうした個々の事業所を対象にしたガスの排出規制は、国内初めての試み。対象にはオフィスビルやホテル、大学なども含まれ、業界からは不満の声も。だが石原都知事は素知らぬ顔。首都圏の各県にも連携を呼びかけて、規制を広げたいと意気盛んだ。石原知事はディーゼル車の排ガス規制にも熱心で、都民の多くは今回の知事による“独断的な”政策決定を歓迎しているようだ。

今週1日、新銀行東京の株主総会が開かれた。こちらは石原知事の“独断的な”決定が生んだ影の部分だ。中小企業への無担保融資という発想はよかったが、金融の実務を知らない運営で自滅した形。株主総会では1000億円以上の減資を決めたが、東京都の出資金850億円が消滅した。また知事はオリンピックの誘致にも熱を上げているが、朝日新聞の調査だと48%が反対。

東京都に限らず、最近は大阪や宮崎などにも“独断”派の知事が出現して、話題を呼んでいる。その“独断的な”性格がいいかどうかは別としても、歯切れがいいことは確かだ。一方、中央政界を眺めてみると、民主党の小沢氏を除けば“独断”派は見当たらないようだ。

    ≪3日の日経平均 = 下げ -20.97円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.