FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2008-07-06-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第11章 インフレって、なんだろう? ①

近ごろ、お父さんが「ガソリンがまた高くなった」と、文句を言っていませんか。お母さんが「食パンもバターもスパゲティも値上がりして大変」と、顔をしかめていませんか。最近は、いろいろなモノの値段が上がっています。インフレという言葉も、よく聞くようになりました。「世界中がインフレになりそう」だとか、「日本もインフレが心配」だとか。

この章では、インフレについて勉強しましょう。インフレというのは、物価の上昇が続く経済状態のことを言います。インフレは、英語のインフレーション(Inflation)を縮めた日本語。もとの Inflation という英語は「ふくらんでいる」という意味で、物価がふくらんで行く状態を表わしています。ついでに反対の言葉も覚えておきましょう。インフレの反対語はデフレと言い、物価の下落が続く状態を意味します。

たしかに最近は、世界中の国々で物価の上昇が目立ち始めました。特に石油製品と食料品の値上がりが、激しくなっています。日本でも04年の春には1リットル=100円だったレギュラー・ガソリンが、いまは170円を超えてしまいました。この7月からも、電気やガスの料金、国際線の飛行機代、野菜ジュース、マヨネーズ、ハムやソーセージなどの値上げが予定されています。

このように物価が上昇すると、みんなの生活は苦しくなります。同じモノを買っても、おカネを多く払わなければなりません。生活するのに必要なおカネが、余計にかかるわけです。会社の経営もやりにくくなります。製品を作るために必要な原料や材料の値段が、上がってしまうからです。その分を製品の価格に上乗せすると、製品の売れ行きが悪くなってしまうでしょう。

                              (続きは来週日曜日)

 ⇒物価について、もっと勉強したい人は07年4-5月の「物価って、な  んだろう?」を 読み直してください。 

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

 

     

    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.