FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
地殻大変動! 日米の自動車産業 (上)
2008-07-16-Wed  CATEGORY: 政治・経済
☆BIG 3 の落日=アメリカでは、ビッグスリーが大変な苦境に追い込まれている。なにしろ車の売れ行きが、激減してしまった。クライスラーは倒産寸前で、産油国ファンドの支援待ちという噂で持ちきり。GMとフォードも資金繰りが厳しくなっているという。いずれにしても、戦後のアメリカ経済を支えてきたビッグスリー体制は、近く崩壊を免れないという見方が強まっている。

調査会社オートデータによると、6月の新車販売台数は119万台。前年同月に比べて18.3%の減少だった。減少は8か月連続で、販売台数は15年ぶりの低さ。特にビッグスリーの落ち込みが激しく、3社合計では25.5%の減少となった。販売シェアも3社合わせて45.8%にまで低下している。住宅価格の下落による逆資産効果とガソリンの大幅な値上がりで、特に大型車が敬遠された。

6月の場合も、乗用車の販売は9.9%の減少だったが、ピックアップトラックやSUV(多目的スポーツ車)は28.4%も減った。大型車を主軸としてきたビッグスリーは、その影響をまともに受けた形。各社とも工場の閉鎖や減産に走っており、人員削減は5万人を超える見込み。このリストラがまた、アメリカの実体経済にかなりの悪影響を及ぼすことになる。

トヨタと日産は大型車の現地生産体制を整えたばかり。その戦略が裏目に出て、両社ともに販売台数を減らしている。対照的に、小型車に特化しているホンダだけが売上げを伸ばしている。実は1970年代の石油ショック時にも、大型車が一時的に売れなくなった。しかし専門家は、今回の需要の変化は一時的なものではないと指摘している。あのT型フォードが発売されて100年。アメリカの自動車業界は、いま大きな地殻変動に揺さぶられている。

                                 (続きは明日) 

    ≪15日の日経平均 = 下げ -255.60円≫

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.