FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
地殻大変動! 日米の自動車産業 (中)
2008-07-17-Thu  CATEGORY: 政治・経済
☆“車離れ”の衝撃=6月はじめ、日本の自動車関係者に衝撃が走った。国内の自動車保有台数が減少に転じた、というニュースが伝えられたからである。国土交通省の集計によると、ことし3月末の保有台数は軽自動車を除いて4146万8000台。前年比76万台の減少は、戦後まもなく統計をとり始めて以来の初体験となった。

原因については、いろいろ考えられる。ガソリン価格の異常な高騰。人口の減少。高齢化と少子化の進展。いずれも自動車の保有台数を減らす要因になる。だが関係者が最もショックを受けたのは、このところ顕著になってきた、若者の“車離れ”現象だ。戦後ずっと続いてきた「車は豊かさの象徴」という価値観に、明らかな変化が起きている。

国内では、新車販売台数も縮小の傾向にある。ことし1-6月の実績は278万6170台で、3年連続の減少。登録車の販売台数は、31年ぶりの低さとなっている。だが輸出が好調なために、生産台数は過去最高の水準。08年度も輸出は700万台、生産は1200万台と、いずれも新記録になる見通し。

ただ輸出先は中東、アジア、ロシア、中南米向けが主力。07年度の統計をみても、輸出台数は前年比10.4%の増加。うち北米向けは2.4%減少したが、中東向けは43.1%、アジア向けは28.6%と大幅に伸びている。このため最近の輸出比率は、業界全体で58%に上昇した。それだけ為替リスクは増大したことになる。

                                (続きは明日)

    ≪16日の日経平均 = 上げ +6.24円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.