FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2008-07-20-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第11章 インフレって、なんだろう? ③

前回はむかしのドイツで実際に起った、ものすごいインフレの話をしました。大量のお札が一夜にして、ただの紙切れになってしまった話でしたね。この話からもわかるように、物価が上昇するとおカネの価値はその分だけ下落してしまいます。そうなると、一生懸命に貯めた財産も価値がなくなってしまうのです。

あなたの貯金は、もう少しで1万円になります。お小遣いを貯めて1万円になったら、お店にかざってある美しいお人形を買うつもりでした。ところが1万円になったお小遣いを持ってお店に行ったら、お人形の値段は1万1000円に上がっていたとします。そうなると、あなたが持っている1万円はもう9000円分の価値しかなくなってしまうのです。

インフレというのは、物価の上昇が続く経済状態を表わす言葉でしたね。でも物価が上昇すると、その分だけおカネの価値は下がります。ですからインフレとは、お金の価値が下がって行くような経済状態を指す言葉だと考えてもいいわけです。

1万円札とか1000円札といった紙幣(しへい)は、国の中央銀行である日本銀行が発行しています。だから小さい紙切れなのに、みんなが信用して使っているのです。しかし物価が上がると、紙幣の価値は減ってしまいます。このため日銀は紙幣の価値を守るために、物価の安定をいちばん大事な仕事と考えているのです。

                              (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



    

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.