FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-07-22-Tue  CATEGORY: 政治・経済
日米の株価は先週、バラバラの動きをみせた。ダウ平均は398ドルの値上がり。週間ベースでも5週間ぶりの上昇となった。特に金融株の値上がりが大きく、後半の3日間でシティグループは32%、リーマン・ブラザースは44%も上げている。問題となった住宅公社も80%近く買い戻された。

金融機関の4-6月期決算は、大赤字の発表が続いた。メリルリンチは46億5000万ドル、シティは25億ドルの最終赤字。にもかかわらず株価が上昇したのは、事前の予測よりも赤字幅が小さかったため。また政府による住宅公社支援、SEC(証券取引委員会)による空売り規制の発表も、株価を押し上げる材料となった。原油相場の急落も貢献している。

一方、日経平均は235円の値下がり。6週間連続の下げで、3か月ぶりに1万3000円を割り込んだ。国内で特に大きな悪材料はなかったが、アメリカの金融機関が大赤字となったことに過剰反応した形。過去の不良債権騒動を思い出して、地元のアメリカよりも大きな不安感を持ったのかもしれない。原油の下落には、あまり反応しなかった。

今週もアメリカでは、金融機関の決算発表が続く。日米の株式市場は、先週と同じような反応を見せるのか。それとも両者とも行き過ぎを反省して、逆の動きになるのか。経済指標では、アメリカが24日の6月中古住宅販売と25日の新築住宅販売。国内では24日の6月貿易収支、25日の6月消費者物価に注目。

    ≪22日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.