FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2008-07-27-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第11章 インフレって、なんだろう? ④

戦後の日本は、2度にわたって激しいインフレを経験しました。最初は1945年(昭和20年)の終戦直後。戦争のために国じゅうの財産の4分の1がなくなり、モノを生産する力は戦争前の20-30%にまで落ち込んでいました。このため、あらゆる物資が不足し、物価は急激に上昇したのです。

戦争前1935年(昭和10年)の物価に比べると、終戦の45年の物価は3.5倍に。また49年(昭和24年)の物価は208倍になったという記録が残っています。たとえば45年に10キログラムで4円だったおコメは、50年には445円。都電の運賃は、同じく20銭から8円に上がりました。

2度目の経験は、石油ショックが起きた1970年代です。イスラエルとアラブ諸国が戦争を始めたのをきっかけに、産油国は73年10月、原油の輸出価格を大幅に引き上げました。これが石油ショックです。このため世界中がインフレに苦しみ、日本でも物価がどーんと上がってしまったのです。

たとえば消費者物価でみると、72年の上昇率は4.9%でした。それが73年には11.7%、さらに74年になると23.2%、75年も11.7%上昇したのです。この3年間で5割近くも、物価が上がったことになりますね。このインフレ状態をみて「狂乱物価」(きょうらんぶっか=狂ったような物価)と言ったのは、当時の大蔵大臣だった福田赳夫さん。いまの総理大臣のお父さんでした。

                              (続きは来週日曜日)

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.