FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- GDP と 経済成長 ①
2008-08-02-Sat  CATEGORY: 政治・経済
1)15年間の奇跡 = かつては“東洋の奇跡”と言われた高度経済成長を成し遂げ、世界を驚嘆させた日本。だが最近は、すっかり低成長国の見本になってしまった。経済の成長が速ければ、企業の収益は拡大し、個人の所得も増大する。だから景気はいい。低成長はその逆。企業も個人も、好況感からは遠のいてしまう。

日本の高度成長期がいつ始まったかについては、定説がない。終戦から10年を経た1955年(昭和30年)に始まった神武景気、あるいは58年からの岩戸景気がスタート時点か。いずれにしても1950年代の終わりごろだ。一方、終了したのは石油ショックが起った73年。したがって、途中に東京オリンピックの反動不況などもあったが、だいたい好景気が15年ほど継続したと考えていい。

この15年の間に、日本の経済・社会は激変した。産業界では、鉄鋼、造船、家電、自動車、一般機械、石油化学などのメーカーが次々と量産体制を整え、輸出競争力を強めて行く。新幹線や高速道路などの社会的インフラも整備された。68年には、当時の西ドイツを抜いて、経済規模ではアメリカに次ぐ世界第2位に躍り出ている。

国民の所得は急増し、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家庭用電気製品が急速に普及。生活水準も大幅に向上、生活の様式さえも大変わりした。ただ高度成長の副産物として、大気や水質の汚染といった公害問題も表面化してしまった。

                               (続きは来週サタデー) 

    ≪1日の日経平均 = 下げ -282.22円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.